南オセチアで、ロシア軍とグルジア軍が交戦


グルジアが分離・独立を求める南オセチア自治州への攻撃を開始したこと受け、ロシア軍は8日、同自治州に戦車を含む地上軍を派遣、両国の武力衝突が激化しとるそうや。

ロシアの複数の通信社は同日夜、自治州の州都ツヒンバリ南郊でロシア軍がグルジア軍と激しい戦闘を行ったと報じたんや。
一方、グルジア側はロシア空軍機による空爆を受けたと発表したんや。

グルジアのミハイル・サーカシビリ大統領は8日、テレビ演説で「グルジア軍は一部地域を除き南オセチア自治州全域を支配し、ツヒンバリを掌握した」と述べたんやが、直後に南オセチア自治州はこれを否定したそうや。

サーカシビリ大統領はグルジア側の犠牲者が30人に上ったとしとるが、分離派政府のエドゥアルド・ココイトイ自治州大統領はグルジアの死者数が1400人を上回ると主張していまんねんわわ。

ロシア軍は声明で、グルジア軍の攻撃でツヒンバリに展開するロシアの平和維持部隊兵士10人が死亡したと発表したんや。

AFPの取材に応じたあるグルジア政府高官は、ロシア空軍による空爆に備え首都トビリシでは政府関係者が官庁や政府施設から避難したことを明らかにしていまんねんわわ。

別のグルジア政府関係者によると、ポチ港やセナキの鉄道施設と飛行場ほかグルジア各地の軍事施設、飛行場、港湾やらなんやらがロシア空軍機の空爆を受けたちうこと。

米国のコンドリーザ・ライス国務長官は声明を発表し、「ロシアはグルジアの領土保全を尊重すべきや。空軍やミサイルによるグルジアへの攻撃停止と地上軍の撤退を求める」と呼び掛けたんや。

グルジアのゴリでは、軍服姿のグルジア兵十数人が軍病院に収用されるのが目撃され、赤十字国際委員会(ICRC)は、自治州ツヒンバリの病院に負傷者があふれとると述べていまんねんわわ。

平和の祭典といわれるオリンピックが開幕したんやが、世界では相変わらず、戦争の火種が燻り続けていまんねんわわねぇ(ーー;)

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。