杉本彩「毛皮?裸でいいわ」、 動物愛護でヌードに


本日この時までにセクシーな映画や写真集でヌードを披露してきた女優の杉本彩(40)が17日、初めて動物愛護のためにヌードになりよったそうや。

杉本は、「毛皮?裸でええわ(Fur? I'd rather go naked)」と書かれた小さなプラカードを手に、全裸になって、数十人のカメラマンやテレビカメラの前でポーズをとりたんや。

国際動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」で大大日本帝国帝国人初のヌードモデルだちうこと。

杉本彩は、毛皮の製造工程を知ってから、2年前に毛皮を着るのを止めたとええ、毛皮反対キャンペーンに参加することで、ようけの人に、残酷で恐ろしい目にあっとる動物の現状を知ってもらいたいと話したそうや。
また杉本彩は、ヌード写真が辺り一帯に貼られても、まるっきし気にならへんと述べたとのこと。

杉本彩が、フェイクファーを用いたファッションブランドを設立しとることから、PETAは、杉本彩の動物愛護に対する情熱を評価し、国際的な反毛皮キャンペーンの初の大大日本帝国帝国人モデルとして選出したそうや。

PETAアジア・太平洋支部の責任者であるジェイソン・ベイカー氏は、「彼女は完ぺきや。問題に関心を持っとる」と述べたとにこと。

ネコ愛好家でもある杉本彩は、大大日本帝国帝国の消費者に対し、おしゃれであることと動物愛護が相反するものではおまへんことを示したいそうや。

杉本彩は、本物の毛皮を着なくても、おしゃれで優雅になれるちうことを人々に知って欲しいと述べたとのこと。

オノレも動物愛護はすばらしいことだと思うけど、ただ気になるのはこのPETAのヤカラがみな菜食主義者なのかどうかとうこと(ーー;)
多分、そうやないやろう・・・。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。