グーグル、支出や新規プロジェクトを削減し緊縮経営へ 米WSJ紙


オンライン広告の売上高が、グーグル(Google)の売上高全体の97%を占めてるんやろか(ーー;)
それだけ、インターネット検索業界でグーグルが一人勝ちしとるちうことやね。

米インターネット検索大手グーグルは、収益の伸びが鈍化する中、支出や新規プロジェクトを削減する緊縮経営に着手する計画だそうや。

3日の米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙によると、グーグルのエリック・シュミット最高経営責任者(CEO)は、何が起こるか「分かりまへんちうことを考慮に入れて行動する必要がある」と語ったちうこと。

シュミット氏は、人気がなく面白くもないプロジェクトを「ダークマター」と呼び、グーグルはこうしたダークマターを削減していくと語りたんや。
さらに、グーグルは、1人のエンジニアの実験的プロジェクトに20人の社員を付けることも「もうないやろう」とし、「景気が回復したら、エンジニアが持つ素晴らしいアイデアに資金を回せるようになるやろう」と語ったとのこと。

一方、調査機関Global Equities Researchのアナリスト、Trip Chowdhry氏は、「ウチらの調査で、厳しいマクロ経済状況によってグーグルのオンライン広告事業が悪化し続けることが明らかになりよった」と指摘。
グーグルの売上高は今年は157億1000万ドル(約1兆4600億円)やけど、来年は152億3000万ドル(約1兆4100億円)、2010年は145億7000万ドル(約1兆3700億円)になるとの見通しを示したんや。

WSJ紙によると、インターネット検索に連動したオンライン広告の売上高が、現在でもグーグルの売上高全体の97%を占めており、ウェブ決済サービス「Google Checkout」やテレビCMの時間枠を販売する「Google TV Ads」やらなんやらの売上高は伸び悩んでいるちうこと。

グーグルの株価は、2日の終値が275.11ドルとなっており、ここ1年で50%も下落したことになるそうや。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。