A・ピニンファリーナ氏が事故死、フェラーリやマセラティをデザイン


事故現場の、生々しい光景や(ーー;)
そないな偉い人でも、スクーターなんて乗るんやね。

フェラーリやマセラティやらなんやらイタリアの高級車デザインで有名な「ピニンファリーナ」の最高経営責任者(CEO)で、イタリア産業連盟前副会長のアンドレア・ピニンファリーナ氏が7日、同国北部トリノ近郊のトロファレッロで、スクーターで走行中に自動車と衝突し死亡したと、ピニンファリーナ社が7日、発表したそうや。

51歳やったとのこと。

ピニンファリーナ社はジャガー、MG、ランチア、FIATやらなんやらのデザインも手がけ、2006年の冬季トリノ五輪の聖火のトーチをデザインしたことでも有名や。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。