出生異常の増加、環境汚染が強力に影響 中国各紙


日本の高度経済成長期にも数々の公害病が発生したんやが、同じ轍を踏んでいまんねんわね(ーー;)

中国では30秒に1人の割合で、先天性の身体的欠陥のある新生児が生まれており、その原因の一部として環境汚染の悪化を挙げられると、政府の家族計画担当高官が指摘したんや。
週末の国営英字紙チャイナ・デーリーがその発言を掲載したそうや。

同紙が引用した国家人口・計画生育委員会のJiang Fan副委員長によると、中国では現在、新生児の約7%に当たる年間約110万人の子どもが身体的障害を持って生まれており、その数は確実に増え続けとるとのこと。

香港の日刊紙、大公網が1月に発表した出生異常率はこれよりも少なかったが、それでも全新生児の4-6%と指摘しておったんや。

南京大学医学院付属楼鼓病院のHu Yali教授は「要因は複雑」と語るんや。
同教授はこれまでの研究から、環境汚染によって引き起こされる先天性欠陥が10%、遺伝要因によるものが25-30%、残りはこの2つの複合結果だと推測されると同紙に語ったとのこと。

チャイナ・デーリーによると、中国北部の石炭生産地、山西省は大規模な化学産業地帯から大量の有害物質を排出しており、国内でも出生異常率が最も高いそうや。
同省の家族計画担当長官は「環境汚染と連関する問題。特に8つの炭坑地域で顕著だ」と述べたとのこと。

西安交通大学で女性と子どもの健康を調査するPan Jianping教授は、このまんまの割合で出生異常が増えていけば、「経済発展や生活の質を左右する」社会問題となるのは時間の問題だと警鐘を鳴らしまんねん。

同教授は「障害のある子どもの養育は家族に、特に貧困地帯である地方部で、多大な経済的負担を課す」と懸念しとるとのこと。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。