米露の通信衛星が衝突、大量の宇宙ごみが発生


宇宙でも、”環境問題”が発生しつつあるちうことやね(ーー;)

米航空宇宙局(NASA)は11日、シベリアの上空約790キロで米イリジウム・サテライト社の通信衛星とロシアの通信衛星が10日に衝突したことを明らかにしたと、米CBSテレビのSpace Newsが報じたんや。

通信衛星同士が衝突したのは初めてちうこと。

衝突したのはイリジウム社の通信衛星(重さ560キロ)と、現在は使用されておらへんロシアの通信衛星「Cosmos 2251」(重さ900キロ)。

NASAは大量の宇宙ごみが発生したことを確認しとるが、国際宇宙ステーション(ISS)が宇宙ごみと衝突する可能性は、両者の軌道高度が436キロも隔たっとることから、極めて低いそうや。

せやけど、宇宙ごみは拡散を続けることが予想されるため、ISSを退避させる必要性が生じる可能性はあるちうこと。

なお、イリジウム社も11日、自社の通信衛星がロシアの通信衛星と衝突したと発表したんや。

同社は、「(人工衛星同士の衝突は)極めて珍しいが、当社の衛星群はそうした事態にも対処できる態勢を整えとる。30日以内に、問題の衛星を軌道上の予備衛星と交代させる」との声明を発表していまんねんわ。

せやけど、一部のサービスが短期間、断続的に中断される可能性があるちうことで、イリジウム社は13日までに具体的な解決策を提示する予定だそうや。

また、衝突の原因については、イリジウム社の過失ではおまへんことを強調していまんねんわ。

同社は、軌道上に66個の衛星ならびに予備衛星を打ち上げとるそうや。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ISS
Excerpt: 若田さんの食糧、一足先にISSに ロシア補給船が運搬 朝日新聞日本人初の宇宙長期滞在にまもなく入る若田光一飛行士の食料などの物資が13日、滞在先となる国際宇宙ステーション(ISS)に一足早く到着した..
Weblog: 最新ニュース
Tracked: 2009-02-16 05:54

iss 国際宇宙ステーション
Excerpt: 若田さん応援の企画展、群馬の向井千秋記念子ども科学館で 読売新聞群馬県館林市の「向井千秋記念子ども科学館」で11日、日本人で初めて国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在に臨む宇宙飛行士若田光一さん..
Weblog: 85キロのデブだった悟が、3ヶ月で72キロに落とした方法1
Tracked: 2009-02-16 10:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。