気候変動は従来予測をはるかに超えるペースで進んでいる、IPCC


きょうび2月にしては、暖かい日が続いておるけどダンはん、これも地球温暖化の一端と言えるのでっしゃろか(ーー;)

地球温暖化は従来予測をはるかに超えるペースで進んでいるちう発表が14日、米イリノイ州シカゴで開かれた米国科学振興協会(AAAS)のシンポジウムで行われたそうや。

国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が、地球温暖化が進めば海面の上昇、砂漠の拡大、激しい嵐の発生、動植物の30%の種が絶滅するちう衝撃的な報告をまとめたのはわずか1年ほど前やけどアンタ、きょうびの研究によれば今後100年間に温暖化がもたらす影響はさらに深刻になる可能性があるちうこと。

最新のデータによれば、1990年代に1年に平均0.9%増加しとった温暖化ガス排出量は、2000年から2007年にかけては90年代の3倍以上にあたる年平均3.5%のペースで増加したそうや。

発表したスタンフォード大学のクリストファー・フィールド氏は、経済活動が増えたことに加え、「主に石炭火力発電に依存する中国やインドやらなんやらの発展途上国の発電量増加」が大きな原因だとしていまんねんわ。

産業革命が始まってから現在までに化石燃料の燃焼によって排出されたCO2は3500億トン、きょうびの研究では北極圏の永久凍土に眠る炭素の量は1兆トンとそれぞれ推定されとるとのこと。

北極圏は地球上で最も急速に温暖化が進んでいるため、今後永久凍土から大気への温暖化ガスの放出が加速する恐れがあるそうや。

きょうびのいくつかの気象モデルでは、山火事や森林伐採やらなんやらで熱帯雨林が減ると、現在約380ppmの大気中のCO2濃度が今世紀末には10-100ppm増える可能性が指摘されていまんねんわ。

大気がわずかでも乾燥すると、熱帯雨林で大規模な火事がおきやすくなるちうこと。

フィールド氏は、早急に対策をとらなければ、気温上昇によって今世紀末にかけて人類の手に負えへん悪循環が起きる恐れがあると警告していまんねんわ。

また、フランスの国立宇宙研究センター(CNES)のアニー・カゼナヴ氏は、海水温上昇と山岳部と極地方の氷河の溶解による海面上昇も従来の予測を超えるペースで進んでいると警告したそうや。

衛星写真を使った研究によれば、過去16年間の海水面の上昇は前世紀の平均の2倍を超える勢いで進んでいるちうこと。

なかには、1年に1センチ上昇した場所もあるそうや。

スタンフォード大のホリー・ギブズ氏は、バイオ燃料の利用が増えると燃料用作物を栽培するために森林が伐採され、温暖化が加速する恐れもあると述べたんや。

「自動車に熱帯で生産されたバイオ燃料を使う場合、実質的には熱帯雨林を燃やして走っとるのと同じちうケースも多いはずや」

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。