NASA・フェルミ望遠鏡、史上最大のガンマ線爆発を観測


超新星爆発9000個分以上の衝撃に相当するとみられるそうやろから、かなりの大規模な爆発があったようやね(^^;

なにか大きな出来事の、前触れでっしゃろか?

米航空宇宙局(NASA)のフェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡が、観測史上最大のガンマ線爆発を観測したと、19日の米科学誌サイエンス電子版で、NASAの天体物理学者らが発表したそうや。

爆発はりゅうこつ座で起こり、可視光線の3000から50億倍を超えるエネルギーを発したちうこと。

NASAの天体物理学者フランク・レディー氏は、「可視光線のエネルギーは2-3電子ボルトの範囲やけど、今回の爆発のエネルギーは数百万-数十億電子ボルトに達しとる」と述べていまんねんわ。

マックスプランク宇宙空間物理学研究所のチームは、この巨大な爆発は122億光年の彼方で起きたとしており、そこから考えて爆発の規模は超新星9000個分以上の衝撃に相当するとみられるちうこと。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。