小惑星、地球をかすめる 月との距離のわずか5分の1


すわっ、地球にとっての危機がうちらの知りまへんうちに、起こっとったんやね(ーー;)

1908年にシベリア上空で、原子爆弾の1000倍といわれる大爆発を起こした彗星(すいせい)とみられるものとほぼ同じサイズの小惑星が2日、地球をかすめて通過していったことが明らかになりよったと、天文学者らが3日、発表したそうや。

米国の宇宙関連団体「惑星協会」や天文学者らのブログによると、この小惑星は、直径21-47メートルの2009 DD45と呼ばれとるもので、日本時間2日午後10時44分に地球をかすめて通過したちうこと。

宇宙関連のウェブサイトspace.comによると、通過の際の地球との距離はわずか7万2000キロメートルやったそうや。

これは地球と月との距離の5分の1で、静止軌道衛星の高度のわずか2倍にあたるちうこと。

2009 DD45の大きさは、1908年6月30日にシベリアのツングースカ上空で大爆発を起こした彗星(すいせい)もしくは小惑星とされるものと同規模だとみられていまんねんわ。

この大爆発では、周囲2000平方キロメートルにわたり樹木8000万本がなぎ倒されたと推測されていまんねんわ。

2009 DD45は前月28日、オーストラリアのサイディング・スプリング天文台によって発見され、太陽系の小惑星を分類する、国際天文学連合(IAU)の小惑星センター(MPC)によって確認されとったそうや。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。