侍ジャパン 延長で韓国を下し大会連覇、第2回WBC


最初はどうなることかと思おったんやが、やはりイチローがケツは決めてくれたんや(^^;
”侍ジャパン”おめでとう!

第2回ワールド・ベースボール・クラシック決勝、韓国対日本。

試合は延長戦の末、日本が5-3で勝利し、大会連覇を達成したんや。

日本は、9回裏二死1、2塁から李ボム浩(イ・ボムホ)に適時打を許して韓国に同点とされたんやが、延長10回表にイチローの2点適時打で勝ち越したんや。

大会最優秀選手(MVP)には、22日に行われた米国との準決勝で勝利投手になるやらなんやら、今大会3勝0敗の成績を収めた米大リーグ(MLB)ボストン・レッドソックスの松坂大輔が2大会連続で選出されたそうや。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。