名前は「ボー」、オバマ米大統領一家のファースト・ドッグ


わいは「ボー」ちうと、「千と千尋の神隠し」を思い出したんやが(^^;

12日付の米紙ワシントン・ポストは、バラク・オバマ米大統領一家がホワイトハウスで飼う犬の名前が「ボー」に決まったと伝えたそうや。

オバマ大統領は、数か月前に娘に犬を飼うことを約束しておったんや。

いまのトコ正式な発表は行われておらへんが、ワシントン・ポストによると、飼い犬は、6か月のオスのポーチュギ−ズ・ウォーター・ドッグで、全身が黒色の毛に覆われ、胸元と手足、あごひげが白色だちうこと。

民主党のエドワード・ケネディ上院議員が、オバマ大統領の娘のマリアはんとサーシャはんに寄贈したもの。

また、ワシントン・ポストによると、大統領の娘2人が「ボー」と名付けたそうや。

いとこが飼い猫にボーと名付けとったことが理由の1つだちうこと。

同紙によると、ボーの評判は上々だそうや。

ケネディー家のドックトレーナーにしつけの訓練を受けたため、ボーはトイレのシッパイもせず、家具にかみつくこともなかったちうこと。

オバマ大統領は、2008年11月の大統領選に当選したら犬を飼うことを娘に約束しとったが、いつ飼うのかちう期日は明らかにされていまへんやった。

ワシントン・ポストによると、飼い犬の正式なお披露目は14日午後になる見通しや。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。