チェルノブイリ原発事故から23年、ウクライナで追悼式典


未曾有の大惨事から23年とのことやけどアンタ、放射能の半減期は何千年とか何万年やろから、まだまだその脅威は続いていまんねんわ(ーー;)

チェルノブイリで起きた史上最悪の原発事故から23年目の26日、ウクライナ全国で犠牲者の追悼式典が行われたそうや。

首都キエフで催された式典にはビクトル・ユーシェンコ大統領や閣僚やらなんやら約100人が出席、慰霊碑に花を捧げろうそくをともして犠牲者を悼んだとのこと。

事故発生後に現場の除染作業に従事した人たちも、涙をこらえきれへん様子でモミの木で作ったリースを捧げたそうや。

かつてようけの発電所職員が暮らしとった、事故現場から約50キロ離れたスラブティッチの街では夜を徹して追悼の祈りが捧げられ、数百人もの参加者が犠牲者の慰霊碑に花やろうそくを捧げたとのこと。

1986年4月26日午前1時23分(日本時間同日午前6時23分)、チェルノブイリ原発の原子炉の1つが爆発したんや。

当時ソビエト連邦を構成しとったウクライナ、ロシア、ベラルーシだけでなく、欧州の一部にも放射性降下物が拡散したんや。

ウクライナ政府の統計によると、事故処理に当たったウクライナやロシア、ベラルーシの作業員2万5000人以上が死亡していまんねんわ。

国連が2005年9月に発表した統計では犠牲者は4000人とされておるけどダンはん、この数字についてはようけのNGO(非政府組織)から疑問の声が上がっていまんねんわ。

ウクライナだけで公式に事故の被害を受けたとされた人は230万人に上るんや。

また、事故当時子どもや若者やった約4400人が、被ばく者によくみられる甲状腺がんの手術を受けていまんねんわ。

チェルノブイリ原発は事故後も別の原子炉で発電を続け、2000年に完全に閉鎖されたとのこと。

原発は「石棺」と呼ばれる200トンのコンクリートの建造物で封じ込められておるけどダンはん、老朽化が進みひび割れとることから危険視されとるそうや。

そのため、国際的な資金協力のもと、仏ブイグやバンシやらなんやらが参加したコンソーシアム、ノバルカが年内せやなかったら2010年に鋼鉄製の新しい石棺建設に着工し、2012年に完成させる計画になっとるとのこと。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。