民主党・小沢代表が辞任を表明


党首討論2日前の辞任ちうのは、タイミングが悪すぎまんねん(ーー;)
今、総選挙をやれば野党は敗れるでっしゃろね。

民主党の小沢一郎代表は11日、準大手ゼネコン「西松建設」の政治献金をめぐり自らの公設秘書が逮捕・起訴された事件の責任を取り、辞任を表明したんや。

小沢代表は辞任の理由について「来る衆院選の必勝と政権交代実現のため、挙党一致をより強固にするため、あえてこの身を投げうち、代表の職を辞する決意をした」と述べたそうや。

テレビで生中継された記者会見で小沢氏は、次の総選挙は約半世紀にわたり続いとる自民党からの政権交代を実現する「またとない機会」だと強調し、「それを達成するためには、党内の結束、団結が絶対不可欠。党内が乱れていては、総選挙に勝利することはでけへん。逆に挙党一致で臨めば、必ず勝利できると確信しとる」と語ったとのこと。

また「政権交代ちう大目標を達成するために、民主党の挙党一致をより強固なものにしたいと判断した」とも言葉を重ねたそうや。

小沢氏は自らの後継者については言及しなかったとのこと。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。