国内新車販売5月トップはプリウス、HV車が2か月連続首位


「インサイト」はエアコンの不具合が見つかり、売り上げを落としたようやね(ーー;)

】「世紀の不況」といわれる経済状況を吹き飛ばすかのように、国内自動車市場でハイブリッド(HV)車が順調に足場を固めとるようや。

メーカー各社では、低迷する市場の再活性化につながると期待を寄せとるとのこと。

日本自動車販売協会連合会(自販連)が4日発表した5月の車名別新車販売台数(軽自動車を除く)では、トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」の新モデルが、ホンダの「インサイト」を抜き、初めて首位に立ったそうや。

プリウスの同月販売台数は目標を上回り1万915台、インサイトは8183台やったとのこと。

両メーカーとも深刻な景気後退のなか、ハイブリッド車を打ち出したんやが、4月のインサイト、5月のプリウスと2か月連続で、ランキング首位をハイブリッド車が占めたんや。
購入者にエコカー減税が適用されることも追い風となっとるようや。

トヨタは3日、ハイブリッド車販売でのリードを維持するために、年内にプリウスをベースとした「プラグインハイブリッド車」(PHV)のリース販売を開始し、国内で200台、米国と欧州でそれぞれ150台以上の販売を目指すと発表したとのこと。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。