アマゾン森林めぐる先住民と警官隊の衝突、死者31人に ペルー


環境保護と資本主義経済は、相容れへんちうことでっしゃろか(ーー;)
それにしても、死者が警官22人、民間人9人ちうのはちゃうんやないの?

ペルー北部でアマゾンの熱帯雨林の権利をめぐり抗議を続けとる先住民と、警官隊が衝突を開始してから24時間後現在で、死者の数はなんぼなんでも31人に上ったそうや。

6日のイェウデ・シモン首相の発表によると、5日から始まった衝突による死者は警官22人、民間人9人。

数日間にわたり、抗議のために主要道路を封鎖、占拠しとった先住民を警官隊が強制排除し、交通は再開したとのこと。

先住民たちは、アラン・ガルシア大統領が署名したアマゾン熱帯雨林での採鉱、石油採掘、森林伐採、耕作の制限を緩和する大統領令の取り消しを求めとるそうや。

衝突は5日、首都リマから1000キロ北にあるバグアで、先住民約2500人が行っとった道路封鎖に対し、警官隊約400人が解除に乗り出し発生したとのこと。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。