中国、導入義務付けのフィルタリングソフトに重大な脆弱性


インターネット検閲ソフト、あんはんはインストールしまっか(ーー;)

中国政府が7月1日から出荷されるみなのコンピューターにプリインストールか添付を義務付けとるフィルタリングソフトウェアに、重大な脆弱性があることが分かったそうや。

米ミシガン大の研究者らの指摘を、制作会社が15日、認めたとのこと。

中国政府は、有害なポルノサイトから若者を保護するために不可欠として、7月1日以降に出荷する全コンピューターにフィルタリングソフト「Green Dam Youth Escort」のプリインストールか、付属ディスクの同梱をメーカーに義務付けていまんねんわ。

せやけどダンさん前週、ミシガン大の研究者らは同ソフトに、第三者が遠隔操作でコンピューターを操作する危険を招く深刻な脆弱性があると指摘したんや。

これについて、ソフトを制作したJinhui Computer System EngineeringのBryan Zhang社長は、脆弱性の存在を認め、現在問題の修正に務めとると話したとのこと。

ただ、「どないなソフトにもバグはあるもの」として、特別な問題ではおまへんとの見方を示しとるそうや。

ミシガン大の研究チームはまた、このソフトには卑わいな言葉のほか、中国政府が政治的に好ましくないとする単語をブロックするフィルタリング機能が含まれとるとも指摘していまんねんわ。

フィルタリングソフトの義務付けをめぐっては、国外のみならず中国国内からも、検閲であり、個人のプライバシーを一括管理するのが目的だとの批判が高まっとるそうや。

前週実施されたオンライン世論調査では、81%がプライバシーの危機を感じると答えたとのこと。

また、ソフトには有害サイトから若者を保護する効果はないと考える人も72%に上ったそうや。

中国の工業情報省は、利用者は必ずしも同ソフトを使用する義務はないとしておるけどダンはん・・・。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。