水源のないシンガポール、雨水還元システムで世界トップ目指す


東南アジアにおいて、シンガポールの発展には目を見張るものがあるんやね(^^;
環境分野において、世界をリードしていくのでっしゃろか?

天然の水源を持たず、いかに生活用水を確保するかが長年の緊急課題やったシンガポールで、このほど雨水の再利用で生活用水の大部分をまかなうシステムが確立されたそうや。

シンガポール政府は世界で1000億ドル(約9兆6000億円)規模の需要が見込まれる水リサイクル分野で、同国が中心的な役割を担うことを目指しとるとのこと。

豊かな経済力と軍事力を備え存在感を増しとるシンガポールの弱点が、天然資源を持たないことやった。

国土はわずか700平方キロ、水源となる水系や河川がないため、必要な水の大部分は隣国マレーシアからの輸入に依存してきたそうや。

せやけどダンさん、マレーシアと1965年に同国から分離独立したシンガポールの間では、水の供給をめぐってしばしば議論が起きとったとのこと。

シンガポール公益事業庁(PUB)の長官は、「独立以来、水資源の確保がわが国の持続的な成長と発展のための最重要課題やった」とAFPに語ったそうや。

政府が注目したのは、降雨量が年間を通じて豊富な点やった。

合計すると国土の3分の2ほどの面積を占める広大な貯水池を15か所に作り、全長7000キロにわたって張りめぐらされた排水管網から流れ込む雨水を蓄えるシステムを完成させたそうや。

貯水池の数は、来年には17に増える予定とのこと。

環境に優しい国としての地位を確立することを最終目標に、政府は貯水池を美しい景観の湖に作り替え、水上スポーツ大会やらなんやらを主催する予定だそうや。

現在はコンクリートがむき出しの排水路や運河も、将来は自然豊かな美しい小川に生まれ変わると、PUB長官は話していまんねんわ。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。