香港大富豪の遺産訴訟、「遊びで紙幣燃やした」と風水師


金をめぐる、醜い争いや(ーー;)

「アジアで最も裕福な女性」と言われた大富豪、故・王如心(英名ニナ・ワン)はんの約13億ドル(1250億円)の遺産をめぐり遺族と争っとる、元バーテンダーの風水師、陳振聰(英名トニー・チャン)氏が、25日の口頭弁論で、ワンはんと遊びで紙幣を燃やしたことがあると答えたそうや。

香港の高等法院で開かれた口頭弁論2日目、ワンはんの愛人やったと主張しとるチャン氏は、ワンはんが所有する複数の敷地に、風水用の穴を掘ったことを認めたとのこと。

「1992年6月ごろから、そうした穴を掘るのが結婚しとる夫婦のゲームのような感じで、2人の間で流行った」とチャン氏は傍聴席が満席の法廷で述べたそうや。

風水のつきを呼び込むために、それらの穴にひすいを置くとええと、ワンはんにアドバイスしたちうこと。

チャンはんを訴えたワンはんの遺族が運営するチャイナケム慈善財団の弁護人は、掘ったちう穴のひとつに紙幣の燃えかすが残っとる写真を法廷で示したそうや。

せやけどダンさん、チャンはんは風水の儀式として紙幣を燃やすようワンはんに助言したことはないと答えたとのこと。

一方で「寺院でニナが本物の10ドル紙幣を燃やすのに付き合ったことはある」と言い添えたそうや。

2人で一緒にボート遊びをした帰りに、ワンはんが遊びで燃やしたちうこと。

ワンはんは2007年にがんで亡くなりよったが、チャンはんは愛人やったオノレにすべての遺産を残してくれたと主張しとるそうや。

裁判を起こしたチャイナケム慈善財団は現在ワンはんの兄弟が運営しとるが、チャンはんが根拠としとる遺書は偽物だと反論しとるとのこと。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。