パパになるには毎日セックス?「精子の質高まる」 豪研究


毎日するのは、自殺行為やね(^^;
何事も、ほどほどがええんやないでっしゃろか?

父親になりたいと思っとる男性は、精子の質を最大限高めるためにも、パートナーが排卵する前の1週間は毎日セックスまたは射精をすべし――。

こうした研究結果が、オランダ・アムステルダムで開催中の欧州ヒト生殖学会議(ESHRE)で30日に発表されたそうや。

オーストラリアの体外受精診療所「シドニーIVF」の不妊治療専門家、デビッド・グリーニング氏は、DNAの損傷レベルが正常値を上回る男性118人に対し、7日間にわたり毎日射精してもらい、精子の損傷率を実験前後で比較したとのこと。

実験中、被験者への薬やらなんやらの処方はなく、ライフスタイルに関する指示も与えられなかったそうや。

被験者全体の精子の損傷率は、実験前は平均34%やったが、実験後は平均26%に低下したとのこと。

精子の質が「悪い」から「普通」に改善されたことになるそうや。

結果をねちっこく見てみると、精子の質が向上したのは被験者の80%にのぼり、そのようけが「悪い」または「普通」から、「ええ」に改善されたとのこと。

なお、残り20%被験者は、精子の質が逆に低下したそうや。

グリーニング氏は、男性の大半にとって、毎日の射精は精子の数が減るとしても、精子の質を高めるだけでなく、受精の成功には欠かせへんとされる精子の「運動性」も高めると指摘しまんねん。

その理由は明らかになっていまへんが、精子が精管に長くとどまるとそれだけ細胞を破壊する活性酸素にさらされることになるのではと、同氏は推測しとるとのこと。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。