ウイグル暴動の死者156人に、西部カシュガルでも暴動の動き


格差社会のひずみが、どんどん表面化しとるようやね(ーー;)
日本では、暴動は起きないんやろかねー。

中国・新疆ウイグル自治区の共産党当局は7日、区都ウルムチで発生した暴動での死者が156人、負傷者が1080人に上ったと発表したそうや。

国営新華社通信が伝えたんや。

死者の内訳は男性129人、女性27人。

5日に発生した暴動には数千人が参加、治安当局が大規模な弾圧を行う事態に発展したんや。

数ようけの暴動の現場となっとるウルムチのバザール地区近くにいたビジネスマンはAFPに対し、「人びとは建物内にいる。ホテルに戻るのが安全で最もよい」と語ったそうや。

緊張が高まる中、新華社は警察当局が6日夜、同区西部カシュガルの主要モスクに集まっとった「暴徒」200人以上を排除したと伝えたとのこと。

警察当局は人びとが別の都市でも「さらなる暴動を組織しようとしとった」としていまんねんわ。

同通信によると、暴動をめぐり1434人が身柄を拘束されたとのこと。

当局は暴動を起こしたのはトルコ系のウイグル人だとしとるそうや。

暴動は世界中の注目を集め、国連の潘基文(パン・キムン)事務総長が自制を求め、英国、米国がそれに続きたんや。

ロバート・ギブズ米大統領報道官は声明で、「ウルムチの暴動で死傷者が多数出たことを深く憂慮しとる。新疆の住民すべてに自制を求める」と述べたそうや。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。