「エアーズロック」が入山禁止に?豪政府が検討


世界的に有名な一枚岩「エアーズロック」やけどアンタ、観光客の入山禁止が検討されとるようや(ーー;)
ちーとばかし、残念な気がしまんねんね。

オーストラリア政府は8日、同国中部にある「エアーズロック」の名で有名な巨大な岩山「ウルル」について、文化・安全面の理由から、観光客の入山を禁止する計画を検討しとると発表したそうや。

豪国立公園当局は、ウルルでは年間30人が登山中に死亡しとる事態やらなんやらに鑑み、「訪れる人の安全、および文化的、環境的な理由」で入山禁止措置を検討しとると語ったとのこと。

ウルルは先住民アボリジニの聖地で、アボリジニは1985年に所有権が返還されて以来、恒久的な入山禁止を求めとるそうや。

現在は、すでに夏季の入山が禁止されとるとのこと。

地元政府は、オーストラリアの観光客数の減少傾向に拍車を掛けるものだととして、計画にただちに反対する姿勢を示したんやが、豪観光輸出会議は「ウルルの伝統的所有者であるアボリジニの権利が最も尊重されるべきだ」としてこの動きを歓迎したそうや。

ウルルには年間35万人の観光客が訪れとるとのこと。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。