ラパマイシンに老化防止の効果あり?マウスが超長生き


なんでやねん、イースター島なんでっしゃろか?
ちーとばかし、不思議なニュースや(^^;

イースター島の土壌で発見された化合物をネズミに服用させたトコ、寿命が飛躍的に延び、人間なら100歳以上に相当する長生きとなりよったとする研究結果が、8日の英科学誌「ネイチャー」に発表されたそうや。

1970年代にイースター島の土壌から発見された「ラパマイシン(同島のポリネシアン名「ラパ・ヌイ」に由来)」は、現在は臓器移植時の免疫抑制剤やらなんやらに使用され、がん治療薬としての臨床試験も行われとるとのこと。

さらに、無脊椎動物における実験で、老化に関係する酵素を抑制することが示されており、不老長寿薬としての可能性も模索されとるそうや。

今回、米テキサス大やらなんやらの研究チームは、人間ならおよそ60歳に相当する生後1年8か月のマウスにラパマイシンを混ぜた餌を継続的に与えるちう実験を行おったんや。

その結果、通常に比べてメスは平均で13%、オスは9%長生きしたとのこと。

研究チームは、ラパマイシンには老化やがんの発症を遅らせる効能があるとみられ、投与しても死亡要因にはならへんやろうとしとるそうや。
 
一方で、米ワシントン大学のバイオ科学者らは、ラパマイシンを服用すると免疫機能が抑制されて感染症にかかる危険があるとして、中高年の安易な服用に警告を発しとるとのこと。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。