有酸素運動の習慣でがん死亡リスク軽減、研究報告


あたりまえと言えば、あたりまえやけどアンタ(ーー;)
ちなみにわいは、休みの日にはウォーキングと気功をやっていまんねんわ。

心臓がドキドキするような運動を定期的に行っとる人は、がんになりにくいとする研究結果が、28日発行の英医学誌「British Journal of Sports Medicine」に発表されたそうや。

フィンランドのクオピオ大学とオウル大学の研究チームは、がんの病歴がない42歳から61歳までの男女2560人を対象に、余暇における運動を12か月間調査したとのこと。

平均して16年間の追跡調査の結果、181人ががん(主に胃がん、腸がん、肺がん、前立腺がん、脳腫瘍)で死亡したんやが、その内訳を見ると、1日に最低30分の有酸素運動をしとった人の割合は運動をしなかった人の半分にとどまっとったそうや。

特に、胃、腸、肺のがんでその傾向が強く、年齢、アルコール消費量、喫煙習慣、体重といった諸要素を加味した場合でも、この傾向に変わりはなかったとのこと。

チームは「がんによる死亡リスクを軽減するには、適度な有酸素運動を習慣づける必要がある」と結論付けていまんねんわ。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。