マイクロソフトとヤフー、ネット検索で提携合意


果たして、YahooとMicrosoftが提携することで、Googleの牙城を崩すことができるのでっしゃろか(^^;

米インターネット検索大手のヤフー(Yahoo)と同ソフトウエア最大手のマイクロソフト(Microsoft)が29日、インターネット検索分野での提携についに合意したそうや。

両社は連携して、インターネット検索最大手の米グーグル(Google)に対抗していく構えとのこと。

ヤフーがマイクロソフトの新検索エンジン「Bing(ビング)」を自社ウェブサイトで使用する一方、ヤフーは両社の優良検索広告主に対する独占的販売を請け負うそうや。

この提携による金銭の支払いは無いとのこと。

ヤフーは、マイクロソフトとの提携で、年間営業利益で約5億ドル(約470億円)の増加を見込んでいるほか、2億ドル(約190億円)の資本支出を削減できると発表していまんねんわ。

また、営業キャッシュフローでは2億7500万ドル(約260億円)の利益となるちうこと。

マイクロソフトは、提携について「利用者と広告主の双方にとって、インターネット検索の品質を向上させることになる。また、インターネット業界に持続的な革新をもたらすことになる」としとるそうや。

マイクロソフトのスティーブ・バルマー最高経営責任者は、今回の提携で「Bing」が、よりようけの利用者や広告主にとって魅力的なものになり、これまで以上にグーグルに対抗できるようになるやろうと述べたとのこと。

提携は10年間の契約。今後、米国の規制当局が妥当性を検討することになるそうや。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。