エンデバー無事帰還、若田さん記者会見


若田光一はんは、人間が長期間、宇宙に滞在するちうことの意味を、身をもって実証してくれたんや(^^;

16日間のミッションを終えたスペースシャトル 「エンデバー」は31日午前10時48分(日本時間同日午後11時48分)、7人の宇宙飛行士を乗せて無事に米フロリダ州のケネディ宇宙センターに帰還したんや。

未明には雷を伴う風雨や霧の発生が懸念され着陸が翌日に延期される可能性もおたんやが、夜明け後に天候が回復したためエンデバーは降下を開始したそうや。

帰還した1人、若田光一飛行士は日本の宇宙飛行士として初めて約138日間の長期宇宙滞在を果たしたんや。

約4か月半、無重力の環境で暮らした若田はんは記者会見で、歩くときちびっとふらふらしたが、気分はどエライええと語ったそうや。

31日に46歳の誕生日を迎えた若田はんは寿司と誕生ケーキをたくはん食べたいと述べたとのこと。

今回のミッションで国際宇宙ステーション( ISS)にある日本の実験棟「きぼう」にケツの主要パーツが取り付けられ、きぼうは完成したんや。

きぼうはISSに3つある主な科学実験モジュールのなかで最大のもので、最も高い能力を持つそうや。

さらに若田はんは特殊な抗菌加工をした下着を1か月はき続けるちう実験も行ったとのこと。

30日、ほかの飛行士らとともにエンデバー内でインタビューに答えた若田はんはこの実験について「同僚の飛行士たちからの苦情は一切おまへんやった」と語ったそうや。

また今回は欧州、カナダ、日本、ロシア、米国の計13人の宇宙飛行士がISSに滞在したんや。

ISS計画に参加したみなの国と地域の飛行士がいっぺんにISSに滞在したのは今回が初めて。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。