双龍自動車スト、警察が強制排除作戦に着手 韓国


民族性の違いやね(ーー;)
日本でもこの位の暴動が起きたほうがええと思うのやけどアンタ・・・。

販売不振による解雇の発表に対し、反対する従業員たちが工場やらなんやらに立てこもる事態に発展しとる韓国の自動車メーカー、双龍自動車で4日、警官隊はストライキを排除しようと放水砲を使用したり、ヘリコプターから催涙ガスを散布して、同社内の建物のひとつを占拠したそうや。

首都ソウルの南方70キロの平沢(ピョンテク)にある双龍自動車で、鉄パイプやパチンコ、引火性のシンナーやらなんやらで「武装」した労働者数百人が立てこもる塗装工場と、それに隣接する建物を数千人の警官隊が包囲したんや。

労働者たちは経営悪化を理由とする人員解雇に抗議し、5月21日から工場を占拠しとったとのこと。

目撃者によると、警官隊はヘリコプターから催涙ガスを散布し、ストライキ中の労働者たちがパチンコでナットやボルトを打ってくるすきを、はしごで奇襲できるようにフォークリフトを使ってバリケードを除去したそうや。

労働者たちは火炎瓶や燃えるタイヤやらなんやらも投げつけたんやが、警官隊が工場横の建物の屋根に上るのを阻止できなかったとのこと。

ケツに警官隊は塗装工場の中に突入しようとしたんやが、労働者らから猛烈な抵抗を受け、短時間の衝突の後に撤収したそうや。

塗装工場のなかには現在も組合員500人以上が残っとるとのこと。

工場内には引火性の素材が大量にあり、消防隊数百人もそばで待機しとるそうや。

経営側と組合幹部による3日間の協議は2日、決裂し、同社は破たんする懸念が生じとるとのこと。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。