チェルノブイリ原発の衛星写真を公開、爆発した4号炉も NASA


1986年4月26日にあの原子力史上最悪の事故、チェルノブイリ原子力発電所のメルトダウンは起きたんや。

ほんで、23年の歳月が流れたんやが、放射能の半減期は何千年・何万年と言う世界なのや(ーー;)

米航空宇宙局(NASA)のウェブサイト「Earth Observatory」で5日、NASAの地球観測衛星1号(EO-1)に搭載された高性能地上イメージャー(ALI)が4月28日にとらえた、チェルノブイリ原子力発電所の写真が公開されたそうや。

写真右半分に見られる大きな水面は全長12キロの冷却池の北西端部分で、冷却池西側の原発関連施設と水路でつながっていまんねんわ。

爆発を起こした4号炉は、L字型水路の北東の長い建物の西端に見られるとのこと。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。