シドニーの空が真っ赤に、内陸部からの砂ぼこりで


なんか写真をみると”地球ケツの日”みたいな様相やね(ーー;)
地球環境の悪化は、急速に進んでいるようや・・・。

このトコ山火事、地震、強風、巨大なひょうやらなんやらに見舞われとるオーストラリアのシドニーの街を23日、不気味な赤い砂じんが襲ったそうや。

内陸部から強風で運ばれた砂ぼこりで車や建物はオレンジ色に変わり、交通機関は混乱し、子どもや高齢者は屋外に出ないように呼びかけられたとのこと。

人びとはフェイスマスクを着けたり、スカーフで口を覆ったりして職場に向かっとったそうや。

シドニーの空港では着陸地を変更する国際線の航空機も出たため、空の便も大幅に乱れるとみられまんねん。

シドニーがあるニューサウスウェールズ州の警察は、22日に一部の地域で濃い砂じんが発生して空が赤黒くなり、視界が2〜3メートルにまで悪化するやらなんやらの異常な状態があったと報告したそうや。

ニューサウスウェールズ州に隣接するビクトリア州では、22日午後、雷雨とともに「クリケットのボールくらいの大きさの」ひょうが降り、自動車のガラスが割れる被害が出たほか、22日遅くにはマグニチュード2.6と3.0の小さな地震が起きた後に激しい雨が降り、鉄砲水への警戒が呼びかけられたとのこと。

当局によると地震による被害は出ておらへんそうや。
 
さらに北のクイーンズランド州では、気温が高く乾燥した天気が続いたことから十数か所で山火事が発生したとのこと。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。