東京円、8か月ぶり1ドル=88円台‎


輸出関連はきついでっしゃろが、輸入関連や内需拡大で頑張るしかないんやないやろか(ーー;)

28日の東京外国為替市場の円相場は一時、1ドル=88円25銭まで円高ドル安が進み、1月以来約8か月ぶりの円高水準を記録したんや。

藤井裕久財務相は、「(円相場の)トレンドは異常でも何でもない」との見方を示すとともに、輸出支援目的での為替介入は「おかしい」と述べ、介入に否定的な考えを表明したそうや。

市場専門家は藤井財務相の発言は想定内ではあるものの、さらに円が急伸する要因となり得るとして、1月に記録した87円10銭を上回る水準まで円高が進む可能性を指摘しとるとのこと。


ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。