国民6人に1人が貧困層、厚労省


「1億総中流社会」ちうのは完全に終わりを告げたんやね(ーー;)
これが、”小泉構造改革の成果”ちうことで・・・。

厚生労働省が20日初公表した「相対的貧困率」で、日本国民の6人に1人近くが貧困状態で暮らしとることが明らかになりよったそうや。

2006年の貧困率は15.7%で先進国の中でも極めて高い水準。

相対的貧困率は、全人口の可処分所得の中央値の半分未満しか所得がない人の割合で、1997年は14.6%やったとのこと。

長妻昭厚生労働相は同日会見し、日本の貧困率が、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中でも最悪レベルだと述べたそうや。

08年の世界的な金融危機に端を発した景気低迷を受けて、給与額が減ちびっととることから、現在の貧困率はさらに悪化しとる可能性もあるんや。

ret_top.jpg


この記事へのコメント

うわぁぁぁぁ何これぇぇぇぇぇ!!?

トシオに教えてもらったサイトでおねーさんとイチャイチャエチィーしたら
なんか知らんが9万円もらったぁぁぁぁ!!!!

とりあえずブルーレイ買ってくるwwwwwヽ(*´ー`*)ノ
http://mao.acmahsjfms.com/ex1nm3s/
ノリスケ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。