ES細胞論文ねつ造の黄元教授に有罪判決、韓国


韓国中が大フィーバーした一連の事件やったが、結局、執行猶予付きの判決で済みそうやね(^^;

韓国の裁判所は26日、胚性幹細胞(ES細胞)に関する研究論文をねつ造し、研究費をだましとったとして、元ソウル大教授の黄禹錫(ファン・ウソク)被告(56)に対し、業務上横領やらなんやらの罪で懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役4年)の判決を言い渡したそうや。

せやけど、民間企業やらなんやらから研究支援費をだましとったとしていっぺんに問われとった詐欺罪については無罪とされたとのこと。

「世界初のヒトのES細胞の作製に成功した」と発表し、世界の科学界を驚かせた論文がねつ造であることが、2006年に確認されて以来、黄被告の裁判は3年以上にわたって行われてきたんや。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。