火星表面に黒い跡、その正体は?


これが火星の、表面の画像とは、不思議なものや(^^;

米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「マーズ・リコネサンス・オービター(MRO)」の高解像度カメラ「HiRISE」が撮影した、火星表面の写真だそうや。

明るい色をした地形の上を、黒くねじれたようなものが縦横無尽に走っていまんねんわ。

できたてに見えるこのような跡は、かつては大きな謎やったが、現在では、火星表面で起こる小さな旋風のしわざであることがわかっとるそうや。

「火星のダストデビル」の異名を持つこの旋風の継続時間は、通常わずか数分間。

赤いちりを巻き上げ、色が濃く比重が重い砂だけが表面に残るので、視覚的に確認することができるとのこと。

このダスト・デビルは、火星探査機のソーラーパネルをきれいにそうじしてくれるちう意外な一面も持っとると考えられるそうや。

地面に熱せられた大気が渦を巻きながらまっすぐ上昇していく現象は、地球でも、乾燥地帯や砂漠地帯で頻繁に観測されるとのこと。

ret_top.jpg


この記事へのコメント

今さっき相手した女はやばかった!
http://pyoN.TamatamanigittaYO.com/5c1r11r/
マ-ン-コの中でドジョウ飼ってんのか?って感じの感 触だったし!!w
オレ入れた瞬間思わず待ったかけちゃったよ(笑)
くりおな
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。