2012年地球滅亡説は「でっち上げ」、NASAが異例の声明発表


きょうび、にわかに注目されてきた”2012年人類滅亡説”に関するお話や(^^;

地球は2012年12月21日になっても滅亡せん――。

米航空宇宙局(NASA)は9日、インターネットや新作映画の公開で高まる地球滅亡説を沈静化すべく、異例の声明を出したそうや。

製作費2億ドル(約180億円)をかけたSF超大作『2012』が米国で13日から、日本では21日から公開されるが、これはマヤ暦に基づいた地球ケツの日をテーマにしていまんねんわ。

地球ケツの日ちうストーリーは、ニビルと呼ばれる正体不明の惑星Xが地球に向かって来とる、または地球と衝突して地球は滅亡するちう話が主軸になっとるとのこと。

疑似科学者や超常現象マニア、ほんでインターネット上での記述によれば、ニビルはシュメール人が発見したと言われとるそうや。

動きを予測でけへんこの惑星の存在を隠しとるとしてNASAを責めるサイトまであるそうやけどアンタ、NASAはそういったストーリーは「インターネットで横行するでっち上げだ」と非難したとのこと。

「そういった主張を裏付ける事実はなあんもない」ホームページのQ&Aコーナーにこのように掲載したNASAは、衝突の話が事実なら天文学者がなんぼなんでも10年前からその惑星を追跡しとるやろうし、現在では肉眼でも確認できるほどになっとるはずだと主張。
「明らかに、そないな惑星は存在せん」と断言していまんねんわ。

「世界の信頼できる科学者はどなたはんも、2012年に関する脅威やらなんやりまへんと分かっとる」

NASAによれば、地球はあと40億年は滅亡せんちうこと。

うわさされる惑星はもうひとつあるそうや。

エリスと呼ばれるこの惑星は冥王星と似た準惑星で、太陽系の外側に位置し、地球に64億キロ以下まで接近することはないちうこと。

2012年地球滅亡説に関しては、「Apocalypse 2012(世界の終末:2012)」や「How to Survive 2012(2012年に生き延びる方法)」といった書籍まで出版され、インターネットでもさまざまなサイトが存在しまんねん。

当初、2003年の5月に滅亡するとされておったんやがなあんも起こらなかったため、その日付はマヤ暦ケツの日に合わせた2012年の冬至へと先延ばしされたそうや。

NASAは、マヤ暦は2012年12月21日に終わるのではなく、直後に新たな周期が始まっとると主張。

さらに今後数十年間は惑星が直列する天体配列になることはないと論じていまんねんわ。

一部の人が予測するように、たとえ直列になりよったとしても、地球への影響は「ごくわずか」だちうこと。

ret_top.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。