豪雨のマチュピチュ遺跡、救出を待つ観光客ら


写真を見ると、どエライ濁流やね。
これもやはり、地球の環境破壊による気候変動の影響なんでっしゃろか(ーー;)

ペルーの世界遺産マチュピチュ遺跡周辺で、24日からの集中豪雨による洪水や土砂崩れで遺跡の入口にあたるアグアスカリエンテスとインカ帝国時代の首都やったクスコとを結ぶ道路と鉄道が寸断され多数の観光客が取り残された問題で、ペルー政府は28日、これまでに1400人が救出されたと発表したそうや。

ペルー政府は軍のヘリコプター12機を動員し、救出作業を進めておるけどダンはん、当局者によると依然800人ほどが取り残されとるちうこと。

28日には米国もヘリ6機を出して救出に協力すると表明したそうや。

写真は、濁流が流れるペルー・クスコに近いウルバンバ川(2010年1月28日撮影)の様子。

ret_top.jpg



この記事へのコメント

いつもみたいに寝転がって女におまかせしてたら
くにゅっくにゅってマ☆コがすごい勢いで絡みついてくんのwwwww
ビックリして10秒足らずでどぴゅどぴゅしちゃったYO!!

オレも逆 ¥ 生 活長いけど、あんな気持ちえぇマ☆コは初めてだわwww(*´Д`*)=3
http://buta-infr.net/ino/ywu8sh4/
ファンキー師匠
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。