ヨット世界一周最年少目指す少女、「嵐でめげそうに」と告白


写真は、ヨットによる世界最年少の単独無寄港の世界一周を目指しとる少女とのことやけどアンタ、どこぞのアイドルかと思おったんやよ(^^;

なかなか、頑張るんやねー(^^)

ヨットによる世界最年少の単独無寄港の世界一周を目指して航海を続ける16歳のオーストラリア人少女、ジェシカ・ワトソンはん(16)が24日、前週末に遭遇したハリケーンでヨットが転覆し「今回はめげそうになりよった」とブログで告白したそうや。

前週22日、ワトソンはんは南大西洋で約8時間にわたり、ハリケーンによる強風と10メートルの高波に襲われたんや。
ワトソンはんはブログに「10歳ぐらい老けた感じ」と書いたそうや。
 
10月にピンク色のヨットでシドニーを出航。
嵐に遭遇した時にはすでに目指す総距離2万3000カイリのうち、1万1000カイリを航海し終えておったんやが、これまでの道程で最も過酷な経験となったんや。

ワトソンはんはこの時初めて、マストが横倒しになり水面下に沈む「ノックダウン」を経験したと記していまんねんわ。

「ああいう時こそ、わいはなんでこないなことをしてるんやろうって自問してしまうわ。それでも、そないな辛い時間には意味がないんやないかって思う理由をいくつもあげてみたけれど、結局どれにも納得できなかった」
 
嵐の間、ワトソンはんは甲板の下のシートに体をベルトで固定し、体をこわばらせとったそうや。船室中の物が宙を舞い、ヨットはきしみまくったとのこと。

究極のピンチは4回ほど訪れたんや。
2度目のノックダウンが最大で、ヨットが真っ逆さまになり、海に沈んだときだそうや。
「ヨットごと持ち上げられて、波に叩きつけられ、割れた波の下にひっくり返ったまんま沈められた」。

甲板には出られず、自動航海装置に頼るばかりやったとのこと。せやけどダンさん「軽い破損はあちこちにあるが、航海を止めるほどのダメージは受けんと済んだ」。
翌日には波は高さ3メートル程度に戻り、ヨットの周りをイルカが泳いでいたちうわ。

ワトソンはんは1月上旬に南米のホーン岬を通過して南大西洋に入り現在、アフリカ最南端の喜望峰を目指して東向きにフォークランド諸島へ向かっとるそうや。

ret_top.jpg


野良犬と暖を分かち合う人たち、インド


一見、和ませるような光景やけどアンタ、どこの国でも都市と地方の格差は激しくなっとるようや(ーー;)

写真は16日、厳しい冷え込みが続くインド・アラハバードの路上で、野良犬と暖を分かち合う男性たち。

同日、インド北部では濃い霧も発生し、空や陸の交通に影響が出たそうや。

ret_top.jpg


世界最大の宗教祭、ヒンズー教の「クンブメーラ」始まる


BRIC's諸国の一端を担い経済発展も著しいインドやけどアンタ、まだまだ宗教的伝統が色濃く残っとるようや(^^)

世界最大の宗教的祝祭とも言われるヒンズー教の祭典「クンブメーラ(「半分の水差し」の意)」が14日に始まったインドで、同日、100万人近い信者が聖なる川、ガンジス川でもく浴を行ったそうや。

北部のハリドワールでは、日の出前の暗闇の中、凍り付くような寒さの中を信者たちが群れを成してガンジスの川辺に向かう光景が見られたとのこと。

初日のこの日は、家族連れもカップルも、富める者も貧しい者も、修行者「サドゥー」も聖者も、サフラン色の衣装を身につけ、もく浴を行おったんや。

なお、不測の事態に備えて川岸には警官や自警団が見張りに立ったそうや。。

ヒンズー教徒にとって、3か月間続く「クンブメーラ」は罪を洗い流し、輪廻(りんね)転生のカルマを断ち切る機会を与えてくれるとのこと。

インドでは大規模なイベントが年中行われとるが、「クンブメーラ」の規模は群を抜いとるそうや。

同祭典の組織委員会によると、現地時間午前2時までに83万1000人がもく浴を済ませたちうこと。

ret_top.jpg


今が見ごろ、菜の花越しに望む富士山 吾妻山公園


この写真を見ると、春の足音は確実に近づいとるちう印象やね(^^)
いかにも日本を象徴する、風景や。

満開の菜の花が咲く神奈川県吾妻山公園から眺める雪景色の富士山や。

同公園の約4万5000株の菜の花の見ごろは2月中旬までとのこと。

ret_top.jpg


世界各地で2010年の幕開け彩る花火大会


新年あけまして、おめでとうおまんねんわ<(_ _)>
本年もよろしゅうお願ええたしまんねん。

世界各地で、31日から1日にかけて2010年の幕開けを祝う花火大会が行われたようや。

写真は、ポルトガル領マデイラ島のフンシャル湾の空を彩る花火や。
見事なものや(^^;

ret_top.jpg


英ウィリアム王子、自ら「ホームレス」を体験


鳩山首相も見習ってみたらどう(ーー;)

英国のウィリアム王子が、ホームレスの窮状に関心を寄せてもらおうと、ロンドンで一夜の路上生活を体験したと、ホームレス支援団体「センターポイント」が22日明らかにしたんや。

英国の王位継承順位第2位のウィリアム王子は前週、気温がマイナス4度まで下がるなか、テムズ川のそばの路地で段ボールの上に寝そべり、眠れぬ夜を過ごしたそうや。

王子に同行したセンターポイントのセイ・オバキン氏は、「厳しい寒さや硬いコンクリートを和らげてくれるものはなにもない。麻薬密売人やらなんやらに声をかけられたり、どなたはんかに蹴りつけられたりする恐怖もある」と語るんや。

ほんで、王子とオバキン氏らは実際、危険な目に遭いそうになりよったとのこと。

彼らに気づかんと進んできた道路清掃車にひかれそうになりよったのだそうや。

この体験のあと、王子は「一夜体験した後でも、毎晩ロンドンの路上で寝るちうことがホンマはどういうことなのか、わいには想像もでけへん」と語り、路上生活者が直面しとるあらゆる問題について深く理解しようと決心したと語ったちうこと。

1997年に交通事故で亡くなりよった母親の故ダイアナ妃も、センターポイントを支援しとったそうや。

英国政府の統計によると、ロンドン市内には現在4500人以上の路上生活者がおり、その40%は国外、主に東欧の出身者だちうこと。

ret_top.jpg


元ギャルの農業プロジェクト「ノギャル」、カワイイ農作業着も考案


若者の農業離れを阻止するためには、このような取り組みも有効なのかもしれまへんね(^^;

東京・渋谷の「元ギャル」たちが秋田県大潟村で稲作に取り組んでいる農業プロジェクト「ノギャル」が、ファッションの発信地で磨いたオノレたちのセンスに合うものをと農作業着を考案したそうや。

ノギャルは、高齢化や若者の地方離れやらなんやらで農家のようけが事業をたたんできた秋田県で稲作を開始、地方再生に一役買っとるとのこと。

せやけどダンさん元「ギャル社長」でモデルの藤田志穂はん(24)によると、これまでで最大の問題は、着るものがいまいち、なことやった。

オノレが気に入る農作業着が見当たらず、結局、オノレでデザインすることにしたそうや。

20代の女性が着ることを想定し、「メンコイ」をコンセプトにデザインした農作業着は、畑で動きやすいようストレッチ・デニムでできたオーバーオール。

この年齢層の女性には必須の「ケータイ」電話と、米アップルの携帯音楽プレーヤー「iPod」が入るポケットもあるトコロがポイントだそうや。

長く伸ばした「ネイル」でも農作業ができるビニール手袋や、都市に住む若者に農業がもっと身近で楽しいものになるような作業具もこれからデザインしたいちうこと。

ノギャル考案の農作業用オーバーオールは男女兼用で、ジーンズ大手のエドウィン製で2月から1着1万3000円で販売されるそうや。

ret_top.jpg


米医療保険改革、美容整形に税負担求める方針 米上院民主党案


この不景気にもかかわらず、米国では美容整形手術の需要はエライ高いようや(ーー;)

米上院民主党が18日に明らかにした医療保険改革法案の内容の中で、脂肪吸引や豊胸・減胸手術、しわ除去や美容整形やらなんやらに課税する方針が示されたそうや。

民主党案では、治療上の必要から受けるのではおまへん整形手術に5%の税を課し、これにより今後10年間で8490億ドル(約75兆6000億円)と見積もっとる公的保険費用のうち、58億ドル(約5200億円)をまかなうとしていまんねんわ。

先天性異常や事故、病変やらなんやらによる整形手術は免除対象としとるとのこと。

現在、美容目的の整形手術の費用はほとんどの場合、患者が直接費用を支払っておるけどダンはん、同案によると2010年1月からこれに課税するそうや。

米国形成外科学会(ASPS)によると、昨今の世界的な不況にもかかわらず、米国では美容整形手術の需要は落ち込んでおらず、2008年に行われた手術1210万件の約3%を整形関連が占めたとのこと。

同年行われた豊胸手術は30万7230件で前年比12%減やったが、しわ除去薬剤の「ボトックス」注射は500万件を超え、前年比8%増やったそうや。

ret_top.jpg


加工食品中心の食生活は「うつリスク」高める、英研究


東洋医学的には、”陰性”の食品を摂り過ぎると”気が下がる”ちうことやね(^^;

加工食品や高脂肪食品の比率が高い食生活は、うつになるリスクを高めるとする研究結果が、2日の英精神医学誌「British Journal of Psychiatry」に発表されたそうや。

反対に、新鮮な野菜や果物、魚をふんだんにとる食生活は、うつ病の予防に効果を発揮するちうこと。

英ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究チームは、ロンドンの役所で働く公務員3486人(平均年齢55歳)を対象に、食習慣とオノレの「うつ度」に関するアンケートを実施したそうや。

食生活が「自然食品中心」のグループと、「揚げ物、加工肉、高脂肪の乳製品、甘いデザートが中心」のグループを比較したトコ、喫煙や運動といった生活習慣を考慮しても、前者は後者に比べて「うつリスク」が26%低かったとのこと。

また、加工食品ばかりを食べとる人では、うつリスクが58%も高くなることがわかったそうや。

こうした結果について、研究チームは、いくつかの説明を試みていまんねんわ。

1つ目は、果物や野菜に含まれる高濃度の抗酸化物質が、保護効果を発揮しとる可能性があること。

これまで、抗酸化物質の濃度が高いほどうつリスクが低くなることが、複数の研究で示されていまんねんわ。

2つ目は、魚をようけ食べることにはうつ抑制効果があると考えられること。

魚には、脳の活動を活発にしてくれる多価不飽和脂肪酸の一種がようけ含まれとるためや。

また、自然食品中心の食生活は、多種多様な食品から摂取されるさまざまな栄養の相乗効果で、うつを予防してくれると考えられるちうこと。

研究は、「健康的な食生活は健康と幸福を増進してくれる。

抑うつ障害を予防するにはまず食生活を向上させるべきだ」と締めくくっとるそうや。

ret_top.jpg



日本の女性、4人に1人が65歳以上に


これだけ、年代別の人口に偏りがあると、現役世代が経済的に支えていくのは限界があるんやよね(ーー;)
なるべく元気に、長生きしてもらうしかないやね。

「敬老の日」に合わせて総務省が20日発表した統計調査によると、15日現在で全女性人口の25.4%を65歳以上が占め、比較可能な統計データがある1950年以来初めて、女性の4人に1人が高齢者となりよったそうや。

男性のみの65歳以上は19.9%やったとのこと。

男女あわせた65歳以上の高齢者人口も前年から80万人増え、過去最高の2898万人となり、急速に社会の高齢化が進んでいることが浮き彫りになったんや。

ret_top.jpg


山手線全駅ホームに「青色LED」の自殺防止照明


そないなことより、もっと弱者にやさしい世の中に変えていかないといけへんんやない(ーー;)
民主党はん、お願いしまんねんよ。

JR東日本は17日、山手線全29駅のホームに、自殺防止対策として青色の照明灯を設置すると発表したそうや。

JR東日本によると、青色の発光ダイオード(LED)はすでに7駅に設置が完了しており、10月末までに山手線全駅への設置を終える見込みとのこと。

JR東日本の広報担当者は、青色は人びとの精神状態を穏やかにする効果があるとされとると述べ、自殺防止対策とともに落書きやポイ捨てやらなんやらの軽微な犯罪を抑止する目的もあると話していまんねんわ。

日本の自殺率は、すでに世界で最も高いレベルに達していて、記録的な失業率を伴った戦後最悪の景気低迷以来、自殺者は増加しとるとのこと。

都内のJR駅での2008年度の自殺者数は68人に上っており、07年度は58人、06年度は42人やったそうや。


ret_top.jpg


「エイズは大量殺人者」、ヒトラーをポスターに起用 ドイツ


きょうびのドイツは、下品な表現がようけなりよった気がするんやけど(ーー;)
保存処理を施した死体の展覧会とか・・・。

ドイツで2009年の世界エイズデーの広報活動のポスターに、「エイズは大量殺人者」ちうコピーでアドルフ・ヒトラーが登場したそうや。

ポスターを制作したドイツの広告会社「ダス・コミティ」によると今回のキャンペーンでは、人びとを刺激し、エイズに対する注意をもっかい喚起し、無防備な性行為が増えとる流れを変えることを狙っとるちうこと。

ret_top.jpg


1-6月の自殺者1万7076人、過去最悪ペース


この国の人は内向的なのか、外側に向かって働きかけず皆、自殺しちゃうんやね(ーー;)
他の国やったら、暴動のひとつでも起きていようものが・・・。

2009年上半期の自殺者数は1万7076人と、前年同期から768人(4.7%)増えたことが警察庁のまとめで明らかになりよったそうや。

このまんまのペースで推移すると、今年度の自殺者は過去最高やった2003年の3万4427人を超える勢いとのこと。

背景に戦後最悪の不況があるとみられ、警察庁によると、自殺の理由の約30%が金銭面の問題を苦にしたものやったそうや。

日本は過去10年間、自殺者が毎年3万人を超えていまんねんわ。

世界保健機関(WHO)によると、日本の自殺率は、世界でも旧ソ連諸国に次ぐどエライ高いものになっとるとのこと。

自殺防止対策の普及に取り組むNPO法人「ライフリンク」の清水康之代表は、経済・生活支援策を定着させることが緊急に必要だと語ったそうや。

有酸素運動の習慣でがん死亡リスク軽減、研究報告


あたりまえと言えば、あたりまえやけどアンタ(ーー;)
ちなみにわいは、休みの日にはウォーキングと気功をやっていまんねんわ。

心臓がドキドキするような運動を定期的に行っとる人は、がんになりにくいとする研究結果が、28日発行の英医学誌「British Journal of Sports Medicine」に発表されたそうや。

フィンランドのクオピオ大学とオウル大学の研究チームは、がんの病歴がない42歳から61歳までの男女2560人を対象に、余暇における運動を12か月間調査したとのこと。

平均して16年間の追跡調査の結果、181人ががん(主に胃がん、腸がん、肺がん、前立腺がん、脳腫瘍)で死亡したんやが、その内訳を見ると、1日に最低30分の有酸素運動をしとった人の割合は運動をしなかった人の半分にとどまっとったそうや。

特に、胃、腸、肺のがんでその傾向が強く、年齢、アルコール消費量、喫煙習慣、体重といった諸要素を加味した場合でも、この傾向に変わりはなかったとのこと。

チームは「がんによる死亡リスクを軽減するには、適度な有酸素運動を習慣づける必要がある」と結論付けていまんねんわ。

ret_top.jpg


今世紀最長の皆既日食ショー


わいも、部分日食やけど観測したんや(^^)
かなり厚い雲に覆われていて、どうかなーと思っとったちうワケやが、ちょうど最大食となる11時30分頃、雲の切れ間から見れたんや。
まだまだ、オノレの運も捨てたものではおまへんなと思おったんや(^^;

今世紀最長の皆既日食ショーは、日本時間22日午前10時前にインド西部で始まり、皆既日食帯に集まった天文ファンら数億人を熱狂させたんや。

皆既日食はインド西部の海上を出発点に、現地時間午前6時30分前に西部グジャラート州に上陸。

ほどなくダイアモンド加工の街、スラトを暗闇で覆おったんや。

皆既日食は8分間でインド中部を横断したあと、バングラデシュ北部とネパール東端を通り、中国の成都、重慶、武漢やらなんやらの大都市を通過して上海へ。

その後日本の奄美諸島を通過し、太平洋西部へ抜けたんや。

今回の皆既日食は今世紀最長の6分39秒ちうこともあり、注目度は高く、史上最多人数に見守られる日食となったんや。

なお、こうした長さを観測できるチャンスは2132年までなく、また、50%以上が欠ける部分日食は推定20億人が見守ることになるんや。

次回の皆既日食は2010年7月11日やけどアンタ、大半は南太平洋上で繰り広げられ、陸上での観測が可能なのは、モアイ像で有名なイースター島やらなんやらごく限られた島だけとのこと。

ret_top.jpg


「世紀の皆既日食」で活況を呈す中国観光業界


わいも「日食観賞用サングラス」を購入したさかい、是非、観測したいと思うで。
後は、天気がええことを祈るばかりや(^^;

22日に今世紀で最も長時間の皆既日食が観測できる中国東部で、観光人気が一気に高まっとるそうや。

中国国内で今回の皆既日食に適した場所は成都、重慶、浙江省の杭州、上海やらなんやらで、皆既日食が約6分間続くとされていまんねんわ。

金融危機と新型インフルエンザの流行で国内旅行市場は縮小しつつあるんやが、ここへきて世界各地から、日食観測を目的とした観光に熱い視線が注がれとるそうや。

同国の旅行代理店、公園管理団体、ホテルは申し込みへの対応に追われとるとのこと。

「例年なら今の時期、海外からの旅行者は少ないが、今年は驚くほど多い」と杭州の旅行代理店「China Travel Service」で副店長を務めるZhi Chenyanはんは話しまんねん。

同代理店では7月に入って欧米からの旅行者を600人近く扱っとるそうで、これほどの人数の旅行者を扱ったことはこれまでなかったちうこと。

日食観測に最も適しとるとされる上海の彫刻公園では、22日分の入場チケットが2000枚以上売れ、問い合わせも殺到しとるそうや。

また、長江(揚子江)デルタ地域にある各ホテルが日食観光客向けのパッケージプランを設定したトコ、どこも満室状態になっとるちうこと。

前回中国で日食が観測されたのは2008年8月で、この時は中国北西部の遠隔地で皆既日食が観測されたんや。

次に皆既日食が起きるのは2010年7月11日やけどアンタ、南太平洋のフランス領ポリネシアやイースター島から南米大陸南端にかけての地域でないと見えへんため、観測できる人は少ないとみられていまんねんわ。

ret_top.jpg


米17歳少年、単独世界一周の最年少記録を達成


一人で大海原に飛び出してヨットで世界一周するちうのは、並々ならぬ勇気と決意が必要だと思うのやけどアンタ(ーー;)
どエライことや。

米カリフォルニア州の17歳の少年が16日、ヨットによる単独世界一周航海の世界最年少記録を達成したそうや。

ロサンゼルスの港に帰還したザック・サンダーランドはん(17)は、家族や友人たちの歓迎を受け、「とんでもない13か月間やった。戻ってくることができて最高だよ」と、喜びを語ったとのこと。

サンダーランドはんは2008年6月14日、16歳で全長約11メートルのヨット「イントレピッド号」に乗り込み、ロサンゼルスを出発。

太平洋を西に進み、11月29日にはアフリカ大陸南端の喜望峰の沖で17歳の誕生日を迎えたそうや。

今回の航海についての本を執筆することが、サンダーランドはんの目下の希望とのこと。

オノレの冒険が、他の若者たちが「やる気」を起こすきっかけになればええと考えとるそうや。

「今の世の中は、何ぞちうと15-18歳の若者をひとくくりにまとめて、たいしたことはでけへんと考えがちや。どうせ学校へ行ってアメフトに興じるだけだってね」とサンダーランドはん。

「やけど、ちゃんとした動機と抱負さえあれば、若者だってもっといろいろなことができるはずや。僕だって、いちかばちかやってみただけだ」

現在、やはり17歳の英国の少年マイク・パーンハムはんも、単独世界一周航海の新記録に挑戦中。

17日にはブログでサンダーランドはんの記録達成を「よくやった、ザック!」とたたえたそうや。

「ザック対マイクの戦いだって? ちゃうね。2人のティーンエイジャーが海に乗り出して、夢の実現に挑戦しとるんだよ。生涯最高の冒険をしとるのさ」

ret_top.jpg


日本の平均寿命、男女とも過去最高に


今現在のお年寄りたちは、戦中戦後の窮乏生活を経験しておるからでっしゃろ。
飽食に浸りきってきた現代の若者は、そないなに長生きせんような気がしまんねん(ーー;)

厚生労働省が16日に発表した2008年の日本人の平均寿命は、女性は86.05歳、男性は79.29歳で、男女とも過去最高を更新したそうや。

前年よりも、女性は22日間、男性は37日間伸びたとのこと。

日本の長寿の秘訣は、健康的な食生活とライフスタイルのせいだといわれとるそうや。

ret_top.jpg


「エアーズロック」が入山禁止に?豪政府が検討


世界的に有名な一枚岩「エアーズロック」やけどアンタ、観光客の入山禁止が検討されとるようや(ーー;)
ちーとばかし、残念な気がしまんねんね。

オーストラリア政府は8日、同国中部にある「エアーズロック」の名で有名な巨大な岩山「ウルル」について、文化・安全面の理由から、観光客の入山を禁止する計画を検討しとると発表したそうや。

豪国立公園当局は、ウルルでは年間30人が登山中に死亡しとる事態やらなんやらに鑑み、「訪れる人の安全、および文化的、環境的な理由」で入山禁止措置を検討しとると語ったとのこと。

ウルルは先住民アボリジニの聖地で、アボリジニは1985年に所有権が返還されて以来、恒久的な入山禁止を求めとるそうや。

現在は、すでに夏季の入山が禁止されとるとのこと。

地元政府は、オーストラリアの観光客数の減少傾向に拍車を掛けるものだととして、計画にただちに反対する姿勢を示したんやが、豪観光輸出会議は「ウルルの伝統的所有者であるアボリジニの権利が最も尊重されるべきだ」としてこの動きを歓迎したそうや。

ウルルには年間35万人の観光客が訪れとるとのこと。

ret_top.jpg


パパになるには毎日セックス?「精子の質高まる」 豪研究


毎日するのは、自殺行為やね(^^;
何事も、ほどほどがええんやないでっしゃろか?

父親になりたいと思っとる男性は、精子の質を最大限高めるためにも、パートナーが排卵する前の1週間は毎日セックスまたは射精をすべし――。

こうした研究結果が、オランダ・アムステルダムで開催中の欧州ヒト生殖学会議(ESHRE)で30日に発表されたそうや。

オーストラリアの体外受精診療所「シドニーIVF」の不妊治療専門家、デビッド・グリーニング氏は、DNAの損傷レベルが正常値を上回る男性118人に対し、7日間にわたり毎日射精してもらい、精子の損傷率を実験前後で比較したとのこと。

実験中、被験者への薬やらなんやらの処方はなく、ライフスタイルに関する指示も与えられなかったそうや。

被験者全体の精子の損傷率は、実験前は平均34%やったが、実験後は平均26%に低下したとのこと。

精子の質が「悪い」から「普通」に改善されたことになるそうや。

結果をねちっこく見てみると、精子の質が向上したのは被験者の80%にのぼり、そのようけが「悪い」または「普通」から、「ええ」に改善されたとのこと。

なお、残り20%被験者は、精子の質が逆に低下したそうや。

グリーニング氏は、男性の大半にとって、毎日の射精は精子の数が減るとしても、精子の質を高めるだけでなく、受精の成功には欠かせへんとされる精子の「運動性」も高めると指摘しまんねん。

その理由は明らかになっていまへんが、精子が精管に長くとどまるとそれだけ細胞を破壊する活性酸素にさらされることになるのではと、同氏は推測しとるとのこと。

ret_top.jpg


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。