浅田は銀メダル キム・ヨナが金、バンクーバー冬季五輪


くじ運の悪さも実力のうちやろから、しゃあないやね(^^;

2010年バンクーバー冬季五輪、フィギュアスケート女子シングル・フリースケーティング(FS)。

ショートプログラム(SP)で首位やった韓国の金妍児(キム・ヨナ)が、FSでも首位となる150.06点を記録し、歴代最高の合計228.56点で優勝したんや。

2009年の世界フィギュアスケート選手権女王の金妍児は、ロイヤルブルーの衣装に身を包み、ジョージ・ガーシュインの『ピアノ協奏曲へ長調』に乗せて冒頭から3つの3回転ジャンプをそろえると、約4分間のルーティーン中、全6回の3回転ジャンプを含む11度のジャンプを成功させ、会場に集まった1万1000人以上の観客を魅了し、演技終了後には目に浮かんだ涙をぬぐおったんや。

2008年の世界選手権女王の浅田真央は、セルゲイ・ラフマニノフの『鐘』に乗せたルーティーンで金妍児の直後に演技するちうややこしい課題に臨みたんや。

闘争心を見せる浅田は、ダブルトウループとのコンビネーションを含む2度のトリプルアクセルを成功させたんやが、中盤にトリプルフリップで両足を着氷し、その後のトリプルトウループが1回転になってしまうやらなんやら、合計205.50点で銀メダルを獲得したんや。

21日にバンクーバーを訪れとった母テレーズはんを心臓発作で亡くしたカナダのジョアニー・ロシェットは、カミーユ・サン・サーンスの『サムソンとデリラ』にあわせてスケートし、合計202.64点で銅メダルを獲得したんや。

ジャンプでは2度ほど両足着氷を犯したロシェットやったが、カナダ人選手としては1988年カルガリー五輪のエリザベス・マンリーはんの銀メダル獲得以来となる表彰台入りを果たした勇敢な演技に、観客は総立ちとなったんや。

日本勢は安藤美姫が合計188.86点で5位、鈴木明子は合計181.44点で8位入賞を果たしたんや。

また、米国の長洲未来は合計190.15点で4位に入りたんや。

ret_top.jpg


ウッズ、夫人への示談金は2年で55億円?!


結婚生活も、お金で買う時代なんやろかね(ーー;)

前月27日に交通事故を起こしたことがきっかけで不倫問題が取り沙汰されとる男子プロゴルフのタイガー・ウッズが、結婚生活を続行するために、妻のエリンはんに多額の「示談金」を支払う模様だと、米芸能ニュースサイト「デイリービースト」が伝えたそうや。

同サイトによると、ウッズ夫妻は婚前契約書を改定。

その中でウッズは結婚生活を続けるために、エリンはんに直ちに500万ドル(約4億5000万円)支払うほか、さらに2年結婚生活を続ければ5500万ドル(約50億円)を支払うことを約束したちうこと。

米芸能ニュースサイト「TMZ.com」は、ウッズと愛人関係にあったとされるレイチェル・ウチテルはんが急きょ予定されとった記者会見を中止したことをめぐり、ウッズから金銭を受け取っておらへんと報じたんやが、米ニュースサイトのレーダーオンラインは、ウッズがウチテルはんにわい的なメッセージのやりとりを明らかにせんことで100万ドル(約9000万円)の口止め料を提示したとしとるそうや。

ret_top.jpg


イチロー 9年連続でゴールドグラブ賞


ウチも”9年連続200安打”に匹敵する、偉大な記録だと思うで(^^;

米メジャーリーグ(MLB)'09年シーズンのゴールドグラブ賞ア・リーグの受賞者が10日、発表され、シアトル・マリナーズのイチローが9年連続(9度目)で選出されたんや。

イチローは09年シーズン、記録した失策はわずか4やったそうや。

遠距離から走者をアウトにする正確な肩を持つイチローは、それに相対するのを嫌う走者がいる中で、5補殺を記録していまんねんわ。

イチローとともに9年連続で受賞を果たしたロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムの外野手トリー・ハンターは、外野のフェンスにぶつかり、1か月ほど欠場したんやが、打撃では22本塁打90打点を記録し、チームのア・リーグ優勝決定シリーズ進出に貢献していまんねんわ。

ワールドシリーズを制したニューヨーク・ヤンキースからは、一塁手のマーク・テシェーラと遊撃手のデレク・ジーターの2選手が受賞したんや。

テシェーラは、1275の守備機会で記録した失策はわずか4で、2006年以来3年ぶり3度目の受賞。

ジーターの受賞は4度目で、3年連続で受賞した2006年以来3年ぶり。

ret_top.jpg


ヤンキースが9年ぶりの頂点 松井秀は6打点でMVPに、MLBワールドシリーズ


松井秀喜が、逆境の中すばらしい記録を打ち立ててくれたんや。
おめでとう(^^)v

'09MLBワールドシリーズ(7回戦制)、ニューヨーク・ヤンキース対フィラデルフィア・フィリーズ第6戦。

試合はヤンキースが7-3で勝利し、2000年以来となる9年ぶり27度目のワールドシリーズ制覇を果たしたんや。

また、ヤンキースは前回王者のフィリーズを4勝2敗で下し、ワールドシリーズの最多優勝記録を自ら塗り替えたんや。

5番・指名打者で先発出場したヤンキースの松井秀喜は、2回に先制2点本塁打を放つと、3回には2点適時打、5回には2点適時二塁打を放ち、1960年のボビー・リチャードソンに並ぶワールドシリーズ1試合最多タイの6打点を記録したんや。

今シリーズで打率.615を記録した松井は、アジア人選手として初のワールドシリーズMVPに輝きたんや。

シーズン終了後に契約が切れる松井は、ヤンキースのユニフォームを着てケツの試合となる可能性が高い一戦で大活躍し、2003年の入団時に夢見とったワールドシリーズ制覇を成し遂げたんや。

6回にフィリーズはライアン・ハワードの2点本塁打で追い上げたんやが、ヤンキースは8回途中から登板した守護神マリアーノ・リベラが1回2/3を無失点に抑え、試合を締めくくりたんや。

ret_top.jpg


アガシ氏 カツラの使用を認める


「レジェンドアガシ」は、また別の意味でも”レジェンド”になりそうやね(^^;

テニスの4大大会(グランドスラム)男子シングルスで8度の優勝を誇るアンドレ・アガシ氏が、自叙伝の中で1990年代のライオンのたてがみのような髪型が実はカツラやったと認めとることが分かったと、英国の新聞が10月31日、自叙伝の抜粋を掲載したそうや。

アガシ氏は、4大大会で自身初の決勝進出を果たした1990年の全仏オープンテニスでカツラをかぶって試合に臨みたんやが、不安にかりたてられてアンドレス・ゴメスに敗れたとしとるそうや。

自叙伝によると、試合前にアガシ氏は勝利ではなく、カツラが落ちないよう祈っとったちうこと。

同書の中でアガシ氏は、脱毛を隠すためにカツラをかぶり始めたとし、全仏オープン決勝前夜に間違ったヘアリンスを使用したことでカツラが崩れたため、慌てて兄の部屋に向かい、兄とともにクリップでかつらを固定したとしとるそうや。

その後、アガシ氏は当時交際しとった女優のブルック・シールズの説得を受け、すべての髪を剃ったちうこと。

アガシ氏は、同書の中で1997年に興奮剤メタンフェタミン(通称クリスタル・メス)を摂取しとったことも明かしとるそうや。

ret_top.jpg


イチロー 9年連続200安打を達成


イチロー選手のホンマにどエライトコは、毎年毎年、大したケガもせず結果を残すトコや(^^;
それには、見えへんトコでの”自己節制”があるんだと思うで。

'09MLB、シアトル・マリナーズのイチローは13日、テキサス・レンジャーズとのダブルヘッダー第2戦に1番・右翼で先発出場し、2回の第2打席で遊撃へ内野安打を放ち、米メジャーリーグ史上初となる9年連続200安打を達成したんや。

イチローは、1894年から1901年に故ウィリー・キーラー氏が記録した8年連続200安打を更新したことになるんや。

スタンドの観客からスタンディングオベーションを受けたイチローは、一塁ベースから足を外すと、ヘルメットを掲げて拍手に応えたそうや。

同日に行われたダブルヘッダーの第1戦でイチローは、左翼へ適時二塁打を放ち4打数1安打を記録し、記録達成まで1安打と迫っておったんや。

マリナーズのドン・ワカマツ監督は「108年前の記録が破られるのを目の当たりにしたことはどエライ特別なこと」、また、チームメイトのケン・グリフィーJr.は「歴史的な瞬間はいつも素晴らしいものだ」とコメントを寄せたとのこと。

グリフィーらチームメイトからビールをかけられて祝福を受けたイチローは「チームメイトと楽しむためにやった。特に向こうの彼(グリフィー)はホンマに楽しませてくれるんや」と喜びを語ったそうや。

ret_top.jpg


ボルト 世界新で男子100メートルを制す、世界陸上ベルリン大会


1988年ソウルオリンピックの100m決勝でベン・ジョンソンが、9秒79の世界新記録(ドーピングで抹消)をだしたときは、人間はこれ以上速く走れへんやろうと思おったんやが・・・。

人間の能力は、どエライもんやね(^^;

第12回世界陸上ベルリン大会男子100メートル決勝は、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が、9秒58の世界新記録で優勝したんや。

ボルトは、自身の持つ世界記録9秒69を更新し、北京五輪に続き世界選手権でもタイトルを獲得したことになるんや。

銀メダルは9秒71でタイソン・ゲイ(米国)、銅メダルは9秒84で元世界記録保持者のアサファ・パウエル(ジャマイカ)が獲得したんや。

写真は男子100メートル決勝でゴールするウサイン・ボルト(右)。

ret_top.jpg


松井秀がサヨナラ本塁打、ヤンキースは4連勝


きょうびは、守備位置に付くことなく指名打者での出場が多い松井やけどアンタ、久々に存在感を示してくれたんや(^^)

'09MLB、ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜は20日、ボルチモア・オリオールズ戦に5番・指名打者で先発出場し、サヨナラ本塁打を放ちたんや。

ヤンキースは2-1で勝利し、4連勝を飾りたんや。

松井はこの試合、3打数1安打1打点やった。

写真は9回、サヨナラ本塁打を放ちチームメイトから祝福されるヤンキースの松井秀喜(中央)。

ret_top.jpg


イチロー 3打数1安打 5回の守備で交代、第80回MLBオールスター


オバマ大統領に”大ファン”だと言われて、舞い上がったと言うイチロー。
きちんと、結果を出すトコはさすがやね(^^;

シアトル・マリナーズのイチローは14日、セントルイス・カージナルスの本拠地ブッシュ・スタジアムで開催された第80回MLBオールスターゲームにア・リーグの1番・右翼で先発出場したんや。

3打数1安打を記録し、5回裏の守備で交代したそうや。

試合は4-3でア・リーグが勝利したとのこと。

写真は打席に立つイチローや。

ret_top.jpg


秋山 UFCデビュー戦は判定勝ち


日本では”ヒール”、韓国では”ヒーロー”の秋山成勲が、UFC参戦やろか(^^;
初戦は、勝利で飾ったようや。

総合格闘技家の秋山成勲が11日、米ネバダ州ラスベガスで行われた総合格闘技大会「UFC(Ultimate Fighting Championship)」の第100回記念大会に出場し、アラン・ベルチャーに3回判定2-1で勝利したそうや。

ret_top.jpg


マリナーズが勝利 イチローと城島、松井秀は2安打


イチローは絶好調や(^^)
今シーズンは、何ぞしらのタイトルが期待できそうやね。

'09MLB、ニューヨーク・ヤンキース対シアトル・マリナーズ。

試合はマリナーズが8-4で勝利を収めたんや。

写真はヤンキース戦に1番・右翼手で先発出場し、4打数2安打2打点を記録したマリナーズのイチローや。

ret_top.jpg


不調の松坂 次回登板を回避


やはり、イチローとはまだまだ格の違いがあるようや(^^;

米大リーグ(MLB)ボストン・レッドソックスの松坂大輔投手が次回予定されとった登板を回避することが20日、分かったそうや。

松坂は登板を回避し、きょうびの不調が身体的な理由によるものかをチェックするために検査を受けることとなりよったとのこと。

レッドソックスのテリー・フランコナ監督が同日、松坂が身体検査を受け、25日に予定されとった次回登板を回避することを明かしたそうや。

25日の試合は、手術後のリハビリから復帰したジョン・スモルツの先発登板が見込まれとるとのこと。

メジャー史上唯一通算200勝150セーブ以上を達成しとるスモルツは、2008年6月10日に肩の手術を受け、レッドソックスとは2009年1月に年俸550万ドル(約5億3000万円)で1年契約を交わしとるそうや。

19日の試合で松坂は、5回に1死も取れず6失点で降板し、レッドソックスファンからブーイングを浴びておったんや。

松坂は2009シーズン、8試合に登板し1勝5敗、防御率8.23の成績。

ret_top.jpg


日本 カタールと引き分ける、W杯予選


カタールと引き分けや、W杯4位以内はどエライ無理やないの(ーー;)

2010年サッカーW杯南アフリカ大会 アジア最終予選・グループA、日本対カタール。

試合は1-1の引き分けに終わったそうや。

ret_top.jpg


入江が男子200背泳ぎで世界新記録


ペットボトルをおでこに乗せ、背泳ぎを出来ることから、テレビ朝日の中継ではバランス王子と呼ばれとるそうや。
また、以外にもピアノも得意とのこと(^^;

第1回日本・オーストラリア対抗男子200メートル背泳ぎで、日本の入江陵介が1分52秒86を記録し、世界新記録を樹立したんや。

入江は、北京五輪の同種目で金メダルを獲得したライアン・ロクテ(米国)が樹立した世界記録(1分53秒94)を1秒08更新したとのこと。

ret_top.jpg


イチロー 満塁本塁打で張本氏に並ぶ


満塁本塁打は、明らかに狙って打ちたんやね、イチローは(^^;
メモリアルな打席は、ホームランを狙うと言ってたんやから。

米大リーグ(MLB)、シアトルシアトル・マリナーズのイチローが15日、ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム戦で7回、満塁本塁打を放ち、日米通算安打数を3085本として張本勲氏の持つ日本プロ野球通算最多安打記録に並びたんや。

胃潰瘍の為、故障者リスト入りしておったんやが、2009年シーズン初の公式戦に出場したイチローは1番・右翼で先発し、5打数2安打4打点を記録したんや。

試合はマリナーズが11-2で快勝し、6連勝を飾ったとのこと。

ret_top.jpg


イチロー 胃潰瘍で故障者リスト入り


WBCでのストレスは、相当なものやったのかも知れまへん(ーー;)
今シーズンの、200本安打が危ぶまれまんねん。

米大リーグ(MLB)シアトル・マリナーズは3日、イチローが胃潰瘍と診断されたため、15日間の故障者リスト(DL)入りしたことを発表したんや。

マリナーズの発表によると、潰瘍の出血は止まっとるものの、大事を取ったとしていまんねんわ。

イチローがDL入りするのは今回が初めてで、復帰は4月15日以降となるんや。

第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本の連覇に貢献したイチローは、3月26日にチームに合流し、オープン戦4試合に出場。

その後は目まいを訴え、3試合を欠場しておったんや。

ret_top.jpg


イチロー 最後は「神」が降りてきた


やはりカリスマは、オノレ自身を客観視できる能力を持っとるんやね(^^;
今シーズンもMLBで、200本安打達成してくれるかな・・・。

第2回ワールド・ベースボール・クラシック(以下WBC)で日本を大会連覇に導いた米大リーグ(MLB)シアトル・マリナーズのイチローが、ケツは自身の下に「神」が降りてきたと語ったそうや。

好むと好まざるとにかかわらず、35歳のイチローは打撃や発言でチームの話題の中心であり続けたんや。

23日にロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われた韓国との決勝戦でイチローは、延長10回に決勝の2点適時打を放って日本を勝利(5-3)に導き、メディアから惜しみない賞賛を受けたんや。

緊迫した決勝戦を終えたイチローは、喜びに満ちた様子で報道陣に対し「僕は持ってまんねんね、やっぱり。神が降りてきたんやね。日本からの目がものどエライことになっとると思い、オノレの中で実況しながら打席に入とった。(結果が)出たんやからね。1つ壁を越えたような気がしたんやね」と語ったそうや。

決勝の2点適時打によりイチローは、浮き沈みの激しかった打撃成績によって生まれた憶測や批判を封じ込めたんや。

日本は景気減速と政治混乱に陥っておるけどダンはん、ある経済学者は商品販売、テレビ放映権、(米国への)旅行を含め、WBC日本チームの活躍による国内の経済効果を506億円と試算しとるそうや。

ret_top.jpg


侍ジャパン 延長で韓国を下し大会連覇、第2回WBC


最初はどうなることかと思おったんやが、やはりイチローがケツは決めてくれたんや(^^;
”侍ジャパン”おめでとう!

第2回ワールド・ベースボール・クラシック決勝、韓国対日本。

試合は延長戦の末、日本が5-3で勝利し、大会連覇を達成したんや。

日本は、9回裏二死1、2塁から李ボム浩(イ・ボムホ)に適時打を許して韓国に同点とされたんやが、延長10回表にイチローの2点適時打で勝ち越したんや。

大会最優秀選手(MVP)には、22日に行われた米国との準決勝で勝利投手になるやらなんやら、今大会3勝0敗の成績を収めた米大リーグ(MLB)ボストン・レッドソックスの松坂大輔が2大会連続で選出されたそうや。

ret_top.jpg


日本 米国を下し2大会連続で決勝へ、第2回WBC


野村監督に「インケツやな」と言われとったイチローも、だいぶ調子を上げてきたようやので、決勝戦は期待できるのではおまへんでっしゃろか(^^;

第2回ワールド・ベースボール・クラシック準決勝、日本対米国は日本が9-4で米国を下し、決勝戦に進出したんや。

日本は、米大リーグ(MLB)のボストン・レッドソックスに所属する松坂大輔が先発し、4回2/3を投げて米国打線を5安打2失点に抑えたんや。

その後、日本は4投手による継投で米国の反撃を2点に抑えたんや。

打っては1-2で迎えた4回裏に稲葉篤紀と小笠原道大の安打を足がかりに集中打を浴びせて5得点を奪うと、6-4と追い上げられた8回には、デレク・ジーターの悪送球と、イチロー、中島裕之の適時打で3点を追加したんや。

日本は23日、大会2連覇をかけて北京五輪で金メダルを獲得した韓国と対戦することに。

日本と韓国が今大会で対戦するのは5度目になるんや。

ret_top.jpg


日本 キューバを下し準決勝進出、第2回WBC


キューバはMLBの選手が抜けていてベストメンバーやないんやから、勝たないとしょうがないやね(^^;
せやけどダンさん、今度また韓国に負けたら、実力の差と言われても仕方が無いでっしゃろ。

第2回ワールド・ベースボール・クラシック2次ラウンド1組敗者復活2回戦、キューバ対日本は日本が5-0で勝利し、準決勝進出を決めたんや。

前回王者の日本は、現地19日に同組1位をかけて4たび韓国と対戦するそうや。

1987年のパンアメリカン競技大会以来、出場したすべての国際大会で決勝まで勝ち進んでいたキューバやったが、ヨエニス・セスペデスの失策による2失点につながった霧に覆われたペトコパークで記録は途絶えたんや。

日本は、先発の岩隈久志が6回を投げて5安打無失点に抑えると、後を継いだ杉内俊哉も、3回を投げて無安打無失点4奪三振と完璧なリリーフでチームを勝利に導きたんや。

日本は4回に青木宣親の安打と稲葉篤紀の二塁打でチャンスを作ると、2死から打席に入った小笠原道大の飛球はセスペデスの後方を襲い、セスペデスは打球に追いついたものの、霧の中から落ちてきたボールはグラブからこぼれ落ち、日本は2点を先制したんや。

日本は5回に青木の適時打で二塁から岩村明憲が生還し3-0とすると、7回には中島裕之の犠飛でもっかい岩村が本塁を踏み、4-0とリードを広げたんや。

米大リーグ(MLB)シアトル・マリナーズのイチローは、2次ラウンドでは12打数無安打で内野を越えた打球がわずかに1つと悲惨な状況におたんやが、第4打席で叩きつけた打球が一塁手の頭上を破りスランプを脱すると、9回には三塁打を放ち、青木の適時打で5点目の本塁を踏んだそうや。

ret_top.jpg


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。